「やぶ」の一言アドバイス
トップページへ
 
代表プロフィール
お問い合わせ
著書紹介
 
 関連事業
うつみね健康学園
自然の家うつみね
「悩む心」の整復師!! 悩みの解決は『やぶ』におまかせ!!
「矢吹孝志」の一言アドバイス
非行、問題行動の改善
いわゆる私たちが言う非行や「問題行動」とは一体、如何なるものなのでしょうか。

非行や問題行動には「起こす人」と「被る人」との間で、受け止め方に大きな温度差があり、「起こす人」には、そうした行為に対する自覚がなく、被る人がそう感じています。
ですから、非行や問題行動を起こす人の「目的や動機」を理解しないで、その行動に対し、「良い、悪い」という善悪論で評価し、改善させようとしても、反発や反抗を招くだけで決して良い結果は得られません。

改善する方法は、非行や問題行動を起こす人が「あぁそうか、なるほどなぁ」と心から納得する「気づきを促す損得論」で対応しなければなりません。

なぜなら「善悪」つまり「良い、悪い」という考えは他人が決める論理で、「損か得か」は何より自分が解かる論理だから・・・です。
「損なことはしない、得なことはする」これが人間の行動動機の心理です。

例えば、非行など問題行動のひとつに「窃盗」があります。
物を盗む行為は一緒でも、「目的や動機」はさまざまです。
物が欲しいから盗むという「物欲」にかられた行為や、盗む過程のスリル感がたまらないとか、逮捕という社会的制裁によって自ら求めて「自罰感」を味わう。
さらに、盗むという問題行動を起こすことによって特定の人を困らせたり、特定の人から注目されたいとか、また、いじめや暴走行為のように、集団で行う非行や問題行動の陰には「仲間の結束を図る」などの目的や動機があります。

ですから、改善するためには、非行や問題行動の「目的や動機」の正確に把握して、起こす人にとって、その行動が「何より自分にとって『損なこと・不利益なこと』である」という自覚を促すことが重要なポイントになります。

わが国では、少年法が改正され、罰則規定が厳しくなりました。
確かに、罰則が重くなれば、非行や犯罪の抑止力になるかもしれませんが、おそらく完璧ではないでしょう。
もしかしたら「確信犯」には効き目がないかもしれません。
なぜなら、「確信犯」は罰の重さがどうであれ「犯罪を犯すことを自ら決めている」からです。
しかし、そうした「彼ら」でも、自分が罪を犯せば「悲しむ人」がいるとか「迷惑をかける人」がいる、と『確信できる人』がいたならばどうでしょうか。
「彼ら」は罪を犯すことをためらう・・・はずです。
非行や問題行動を起こす者にとって、日頃の親子関係や家族をはじめ、人との結びつきや絆(きずな)の深さがあれば、そうした行動を防ぐことができるでしょう。

特に、10代の子どもを抱える親御さんには、次の「子どもとの対応のあり方」を提案します。
@「論理的対応」をしないで「情緒的対応」をする。
A子どもとの位置は「対峙している位置」から「寄り添う位置」へ。
B「コントロール」をしない、「サポート」をする。
C「説得の関係」から「納得の関係」を築く。
参考にして下さい。

ちなみに「下着泥棒」ですが、「下着泥棒」のほとんどは下着に対する興味ではなく「下着を盗む」というプロセスに依存しています。
つまり、下着を使って「性的処理」はしません。
そのため「盗むために盗む」と言われ改善するまでには、相当な時間を要し、改善しない場合も多々あります。
  ホームトップへ
健やかで生きがいのあるライフワークを応援しています!!
Copyright(C) 2016M・H・P・C All Rights Reserved
このサイトに記載されている内容(文章・画像等)を無断に転写・複写することを禁じま
す。