「矢吹孝志」の一口アドバイス
トップページへ
 
代表プロフィール
お問い合わせ
著書紹介
 
 関連事業
うつみね健康学園
自然の家うつみね
心と向き合い42年!! 悩みの解決は『やぶ』におまかせ!!
「矢吹孝志」の一口アドバイス
不登校の解決支援
現在では、学校に登校しない児童、生徒に対して「不登校」という言葉でひとくくりにしていますが、実態はいわゆる「登校拒否」であり  原因や背景はさまざまでも「彼ら」は登校することに「不快な感情」を抱いています。

具体的には「行けるが行かない」「行きたいのに行けない」「行けるのに行きたくない」の3つに分けることが出来ます。

そのため、闇雲に、いかに登校させるかを模索するのではなく、「何故、登校しないのか」に焦点を絞り、本当の原因を明らかにすることが、「不登校」の解決の第一歩だと考えなくてはなりません。


※もしかして「親御さん」は・・・・
○「子どもが学校に行かなくなったとき、子どもの将来の夢が崩れてしまうと嘆くが、
 本当は自分(親)の夢が崩れてしまうのを恐れていませんか」

○「子どもが、学校に行くことに『喜ぶ親』になっていませんか」

○「子どもに問題集を出さないで、答えばかりを求める親になっていませんか」 

  学生はせいぜいやっても16年。 その後はみんな社会人。
  学校大事としがみつき  「ちんまり学生」育てるか
  社会の中でたくましく  生きてく我が子を育てるか   今!運命の別れ道。

いわゆる「教育やしつけ」の最終目標は、子どもの「社会的自立」です。
不登校の子どもは、心の根っ子に人生の「生きにくさ」や人に対する「関わりづらさ」を抱えています。
そうした根本的な問題を親子で共有し解決を図っていくことが大事です。

仮に、一時的に登校したとしても、何かのキッカケで足を止め、「イタチゴッコ」をくり返すことになり、その都度、「重症化」してしまいます。

不登校問題に応急処置は通用しません。
不登校現象の影にある原因を「根治」しなければなりません。
   ホームトップへ
健やかで生きがいのあるライフワークを応援しています!!
Copyright(C) 2016M・H・P・C All Rights Reserved
このサイトに記載されている内容(文章・画像等)を無断に転写・複写することを禁じま
す。