「矢吹孝志」の一口アドバイス
トップページへ
 
代表プロフィール
お問い合わせ
著書紹介
 
 関連事業
うつみね健康学園
自然の家うつみね
心と向き合い42年!! 悩みの解決は『やぶ』におまかせ!!
「矢吹孝志」の一口アドバイス
無気力の改善
「何をするにも気力が出ない」「やる気、その気が湧いてこない」など私たちは生きていく中で誰もが多かれ少なかれ「無気力という感覚」を体験するものです。

無気力に至る過程には、さまざまな失敗のくり返しや、過ち、しくじりといった挫折体験があります。
また、期待外れや予期しない不幸なできごとへの遭遇も無気力になる原因のひとつですが、実は、無気力になる大きな原因は「人間関係」にあります。
認められる、称賛される、ねぎらわれるなど自分に対する「他者の認知」や「共感」があれば無気力を防ぐことができますが、皮肉にも「他者の認知」を自ら一方的に求め過ぎ、それが叶わず無気力に陥っているケースも多々あります。

無気力になるキッカケや成りゆきはいろいろあるでしょうが、「無気力」は自らつくっている精神状態です。
では自らつくった「無気力」から「気力ある状態」に戻すにはどうすれば良いのかを考える前に、気力あふれているときとは、どのような状況にあるときかと逆説的に考えれば、無気力を改善するヒントが見えてきます。

しかも無気力とは、精神的な面ばかりではなく、行動面に顕著に表れます。つまり、行動の後退、停止です。

そのため、行動を促進させるための対応を考えなければなりません。
行動療法的には、まず、「できる行動」「かんたんな行動」さらに行動内容が理解できる「解かる行動」から始まり、その内容は「好み」なこと「興味や関心」があること、そして、その行動が人の役に立ったり、社会貢献につながるように拡げていきます。

「気力」はお金では買えません。
自らの心の中でつくっていくしかないのです。

「気力製造マインド」づくりを応援します。

しかし、ここでよく考えてみなければならない点があります。
誰もが経験する挫折体験によってすべての人が無気力になるわけではありません。

その違いは一体、どこにあるのでしょうか。
その答えが無気力からの脱却、改善を容易にしてくれます
 ホームトップへ
健やかで生きがいのあるライフワークを応援しています!!
Copyright(C) 2016M・H・P・C All Rights Reserved
このサイトに記載されている内容(文章・画像等)を無断に転写・複写することを禁じま
す。