「矢吹孝志」の一口アドバイス
トップページへ
 
代表プロフィール
お問い合わせ
著書紹介
 
 関連事業
うつみね健康学園
自然の家うつみね
心と向き合い42年!! 悩みの解決は『やぶ』におまかせ!!
「矢吹孝志」の一口アドバイス
自傷、自死の予防とケア
人生の中で最大の「無礼」とは、仮にどのような状況であっても、自分を粗末に扱い、大事にしないことです。
他人に対しての無礼は謙虚な気持ちで謝罪するなどして、何とか取り返せるものですが、自分に対する無礼は取り返しがつきません。

「何て自分はダメなんだろう」「こんな自分は許せない」と自己否定や嫌悪感を抱いたり、「こんな自分は生きていても価値がない」などと自罰感を募らせ、リストカットなど自傷行為や、オーバードーグ(薬の溜め飲み、過剰摂取)は、正に自分に対する「犯罪行為」です。

そうした行為のくり返しが、自己評価を下げ、自己肯定観をなくす結果につながっています。
私たちはどのような立場、状況におかれても「自分はかけがえのない存在」であるとか、「捨てたものじゃない」「きっと、おそらく、大丈夫」という強い「自尊感情」と自分自身に期待する「自己効力感」を持たなければなりません。

ところで、自死(自殺)といっても「動機」はひとつではありません。3つの動機があります。
@「死ぬこと」・・・「つらいから死にたい」「生きていたくない」など心の痛みや心的葛藤から逃れることが動機になっています。
A「殺されること」・・・「自分なんかいない方がいい」「生きていても価値がない」とか「死んでわびるしかない」など「自らの悪い行い」に対する自罰の思いが動機になっています。
B「殺すこと」・・・「死んでやる!見てろ!私が死んだあと苦しむがいい!」とか「これであなたは満足して下さい」と自殺によって誰かに復讐したり、苦しめることが目的で、しかも、残された者が「罪の意識」や「恥を覚える」のを期待している。

しかし、どのような動機であっても「自ら死ぬ」という行為は自分にとって「最大の無礼」とわきまえなければならない。

自傷、自死の最善の予防策は、ストレスに打ち克ち、逆境を乗り越え、どんな困難にもへこたれない、しなやかで「折れない心」を育てることです。
 ホームトップへ
健やかで生きがいのあるライフワークを応援しています!!
Copyright(C) 2016M・H・P・C All Rights Reserved
このサイトに記載されている内容(文章・画像等)を無断に転写・複写することを禁じま
す。